男性としてかっこよくなるためのサイトupGrade!いい男を目指すためのサイトです!

upGrade

面白い雑学

【新札】五千円札の人物 津田梅子 人柄は?何をした人?現代と繋がるお方だった!

更新日:

みなさんごきげんよう♪

前回に続き、今回も新札の話題として、

五千円の人物について紹介したいと思います。

その人物とは

「津田梅子」

です!!

 

 

 

 

 

 

 

こうゆうのを機に、気になって調べたりして

知識を得ることって素晴らしいですよね!

 

興味が湧くことがあれば、積極的に調べて

情報を得ることで成長の機会を見出すことができると思いますね!

 

津田梅子とは

津田梅子についてまず思うことは

「女性のあり方」

という点になります。

 

当時の時代背景として、女性という立場が弱かった。

江戸時代から武士の地位が高かったため

日本は時代の歩みを紐解いていくと

男尊女卑が顕著にでていたと思われる

 

その中で、女性も自立しなければ・・とのことで

「女子英学塾」を周りの力を借り開校した。

現在の津田塾大学の先駆けとなる学校である。

 

今でも「変革を担う女性の育成」を教育方針として謳っていることから

当時の津田梅子の意思を引き継いでいる。素晴らしい学校だ!!

 

そんな津田梅子の人柄とは

そんな津田梅子については、生徒から

「鬼教師!」

と呼ばれるくらい厳しい方でした。

そのため脱落者もいたと言われています。

 

そして、1871-1882の間にアメリカに留学している。

今でいう小学校1年生から高校2年生くらいまで

アメリカで過ごしていたこともあり

帰国の際には日本語を忘れてしまっていたとのこと。

なんか当時の人が2ヶ国語話せたり、留学という制度があったのかと思うと

面白いですね!!

 

また、アメリカの価値観や、文化の違いにも影響を受けていた面もあり

当時の日本の結婚のありかたに不満を持っていたため

結婚はしないと公言していたそう。

 

当時の時代背景を踏まえると、すごく自分を持っていたんだなと感じます

 

名言集!

〜女子英学塾開校式辞で〜

【人々の心や気質は、その顔の違うように違っています。
したがって、その教授や訓練は、一人々々の特質に、しっくりあてはまるように仕向けなくてはなりません。】

 

大人数ではなく、少人数での規模で塾は開かれていたようです

しっかりと一人一人をみつめ、その者にたいしての教育をすることが大事と述べています。

そんなの当たり前な気がしますが、教育の現場ではどうなんでしょう。

全ての教育の現場で、津田梅子のような思想を持っている教育者が

生徒と向き合っていることを願うばかりです!!

 

【男性と協力して対等に力を発揮できる自立した女性の育成】

この言葉を見つけた時は、嬉しく思いました。

津田梅子の意思は、現代にしっかりと反映されていると感じます

 

終わりに

いかがでしたか?

素晴らしい人物です!お札になるのも納得ですね!

 

現代では、ニーズの多様化に伴い

女性の価値観が非常に重要視できる時だとなっていると感じます。

今までは、男性が高い地位にいたため男性目線でのサービスを提供していましたが

その中で女性もサービスを発信することで男性では出来なかった発想が伴い

素晴らしいサービスがこれから出てくると思うと、今後が楽しみで仕方ないです!

 

男性も女性に負けじと頑張りましょうね!

 

今回もここまでありがとうございました!

-面白い雑学

Copyright© upGrade , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.